イギリス首相ボリス・ジョンソンの先祖はイギリス国王ジョージ2世

現在のイギリス首相ボリス・ジョンソンの先祖をさかのぼると、ヴュルテンベルク公[後に王]家などを経由してイギリス国王ジョージ2世(在位1727年~1760年)に至ります。 BBCの番組Who Do You Think You Are?動画 ジョンソン自身がドイツのシュトゥットガルトにある文書館や宮殿をめぐっています。 Bor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピータールー虐殺(1819年8月16日)から200年 イギリス マンチェスタでの議会改革要求集会弾圧事件

ピータールー虐殺(Peterloo Massacre)とは、1819年8月16日にイギリスのマンチェスタで議会改革要求集会が弾圧された事件です。イギリスがナポレオンに勝利した「ワーテルローの戦い」の英語読み「ウォータールー」(Waterloo)と事件が起こった「聖ピーター広場」(St Peter's Field)にちなんで、事件は名付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19世紀初頭のイギリス 急進主義運動への脅威を述べた摂政皇太子から貴族院への書簡

引用ツイート(イギリス議会文書館)の写真は、イギリスの摂政皇太子から貴族院に宛てた書類です。書類に年は記されていませんが、摂政皇太子がおかれたのは1811年から1820年なので、その時期に作成されたもの。なお、摂政皇太子とは後のジョージ4世で、病のジョージ3世に代わって当時は事実上の君主と言える存在でした。 書類の内容は、平穏を危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ピータールー マンチェスターの悲劇』 映画評リンクなど関連ツイート

8月9日公開の映画『ピータールー マンチェスターの悲劇』。 「ピータールーの虐殺」と呼ばれる、19世紀初めのイギリスで起きた事件。この映画は、綿密な調査に基づいて、事件にかかわる人物たちを描いた群像劇です。社会階層や政治的立場などが違えば、事件に対しての見方も異なるのでしょうか。映画での描かれ方が気になります。 事件については以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1714年8月1日 アン女王死去、ジョージ1世がイギリス王位を継承

2019年8月1日は、イギリスでアン女王(ステュアート朝の最後の君主)が死去してハノーファ選帝侯がジョージ1世(ハノーヴァ朝の最初の君主)としてイギリス国王に即位した日(1714年8月1日←日付はユリウス暦)から305年です。彼の即位の結果、イギリスとハノーファ(神聖ローマ帝国の領邦、場所は現在のドイツ北西部)の同君連合が成立しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1567年7月24日 スコットランド王ジェイムズ6世が即位

1567年7月24日に、スコットランド王ジェイムズ6世が即位しました。母のメアリ女王が退位させられたことで、彼女の息子が生後13か月にして国王となったのです。 ジェイムズは、エリザべス1世の死去に伴い、1603年にジェイムズ1世としてイングランド王に即位しました(同国におけるステュアート朝の始まり)。そのため、両国は共通の君主を戴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Real Tennis Champions Trophy 7月にハンプトン・コート宮殿のテニスコートで開催

The Real Tennis Champions Trophyが、2019年7月16日~21日にイギリスのハンプトン・コート宮殿のテニスコート(屋内)で開催されます。このテニスコートは、今日使用されている中では最古のものです。ちなみに、ハンプトン・コートで最初のテニスコートは1526年から1529年の間にウルジ枢機卿のためにつくられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーター・セレモニー(ガーター勲章の日) ガーター勲爵士のウィンザー城での行進

ガーター・セレモニーは、イギリスの最高位勲章ガーター勲章(Order of the Garter)を有するガーター勲爵士[騎士](Knight of the Garter)が集い、年に1度行われます。毎年6月(2019年は6月17日)に、騎士団の聖堂であるウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂(St George's Chapel)で礼拝が行わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18世紀のエディンバラ公[エジンバラ公] フレデリック皇太子(ジョージ3世の父)

2019年6月10日は、エリザベス2世の夫エディンバラ公(duke of Edinburgh)の98歳の誕生日です。歴史をさかのぼると、後のイギリス王ジョージ3世の父フレデリック・ルイス(生1707年~没1751年)もエディンバラ公の爵位を有していました(エディンバラ公を授与されたのは1726年)。フレデリックは後に皇太子(prince…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス国王ジョージ1世(ハノーヴァ朝の初代国王)誕生 (1660年5月28日)

5月28日は、1660年に後のイギリス国王ジョージ1世(ハノーヴァ朝の初代国王、ハノーファ選帝侯ゲオルク1世としての在位は1698年~1727年、イギリス王としての在位は1714年~1727年)が誕生した日です。彼の生涯については、17世紀と18世紀のヨーロッパ国際政治[外交]史を専門とするハットンが表した伝記を現在でも参照すべきでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英国万歳!』 ナショナル・シアター・ライブ(イギリスの舞台映像を映画館で)

『英国万歳!』は、18世紀末にイギリス国王ジョージ3世が原因不明の錯乱状態になって起こった騒動をブラックユーモアたっぷりに描くアラン・ベネットの戯曲です(原題:The Madness of George III)。 この戯曲の初演は1991年で、94年に映画化されています。今回のナショナル・シアター・ライブでは、ノッティンガム・プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18世紀イギリスの首相、第2代ロッキンガム侯爵が誕生(1730年5月13日)

1730年5月13日、第2代ロッキンガム侯爵が生誕。2度にわたり首相を務め(1765年~66年、82年)、2度目の首相在職中にインフルエンザで死去。ホイッグの派閥指導者として野党活動を行った時期も。下記ツイートの肖像画(1766年頃にレイノルズが描いた)右がロッキンガム、左が当時の彼の個人秘書エドマンド・バーク。 Born #On…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1741年5月4日 ロバート・ウォルポールが下院[庶民院]議員に選出される

1741年5月4日、イギリス最初の首相とされるサー・ロバート・ウォルポールが下院[庶民院]議員に選出されました。この時イギリスでは総選挙が行われていましたが、彼はノーフォーク州の都市選挙区キングス・リンから無投票で選出されます。42年2月に彼はオーフォード伯爵に叙され上院[貴族院]に移るので、下院議員に選出されたのは、これが最後。その2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベティー・ブースロイド(Betty Boothroyd)イギリス議会下院議長に選出(1992年4月)

1992年4月27日に、ベティー・ブースロイド(Betty Boothroyd)さんがイギリス議会下院議長に選出されました(2000年10月まで在職)。彼女は女性初の、そして(今のところは)女性で唯一、その地位に就いた人物です。彼女は、2001年1月に一代貴族に叙され、現在も貴族院議員。 イギリス議会文書館による以下のツイートを参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1721年4月10日 ロバート・ウォルポールが補欠選挙で下院議員に再選

1721年4月10日、ロバート・ウォルポールがキングス・リン(King's Lynn)選挙区での補欠選挙で下院議員に再選されました。当時の下院議員は有給の官職に就任した場合は議員辞職する必要があり、議員との兼職が法によって禁じられた官職に就いたわけでない場合、補選で当選できれば下院に戻れました。ウォルポールは第一大蔵卿および財務府長官に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』 感想・歴史的正確性についての記事

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(原題Mary Queen of Scots)。 時は16世紀、ブリテン島の二つの王国にそれぞれ君臨する女王2人(スコットランド女王メアリ・ステュアート、イングランド女王エリザベス1世)に焦点を当てた映画。最初に邦題に接した時、メアリーはエリザベス1世の直前のイングランドの君主メアリ1世なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョージ2世が皇太子だった頃の住まいレスター・ハウス

イギリス国王ジョージ1世と皇太子(後のジョージ2世)の仲たがいによって、皇太子は1717年に王の宮廷を追い出されました(1720年に和解)。1718年4月の新聞報道によれば、皇太子は住まいとしてハットフィールド・ハウスを購入することを検討しました。しかし、結局のところ、彼はレスター・ハウスを借りることにしたのです。 (以下のツイートを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女王陛下のお気に入り』主役の一人 アビゲイル・ヒル[マシャム]

映画『女王陛下のお気に入り』でアン女王やマールバラ公爵夫人サラ・チャーチルと共に主人公の位置を占める女官アビゲイル・ヒル[結婚後の名字はマシャム]。『オクスフォード英国人名事典』(Oxford Dictionary of National Biography)の項目Masham [née Hill], Abigail, Lad…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女王陛下のお気に入り』(原題The Favourite)に関する史実と創作 映画を見ての感想

映画『女王陛下のお気に入り』(原題The Favourite)を見ました。イギリスのアン女王(Anne, 1665-1714, 在位1702-1714)の宮廷を舞台に、マールバラ公爵夫人サラ・チャーチル(Sarah Churchill [née Jenyns], duchess of Marlborough, 1660-174…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーンベリ子爵(第3代クラレンドン伯爵)の女装

コーンベリ子爵(後の第3代クラレンドン伯爵)(Edward Hyde, Viscount Cornbury, later 3rd Earl of Clarendon, 1661-1723)は、北米で総督を務めていた時に女装していた、と噂されていました。これについては、近年に刊行された研究書では、以下でも言及されています。Ruth Pal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more