アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
歴史・イギリス
ブログ紹介
歴史好きです。
いろんな事を気の向くままに書きます。
情報が正確であるよう気を付けていますが、間違いや誤解がありましたら、ご指摘ください。

趣味:クラシック音楽鑑賞など

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
イギリスの下院議員が討議の行われている本会議場に乳児を抱いて着席
2018年9月13日、イギリスの下院議員で自由民主党(Liberal Democrats)の副代表(Deputy Leader)Jo Swinson氏が、下院本会議場に6月29日に生まれた第二子を抱いて着席したというニュース。議員が投票時に下院議場で子どもといることはしばしば見られたものの、討議が行われている際には初ではないかということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/14 09:27
2018年9月4日 イギリス貴族院議員2名が引退
イギリスの貴族院議員2名(Lord NorthbourneとBaroness Blood)が、2018年9月4日に引退しました。 引退した貴族院議員一覧 https://www.parliament.uk/mps-lords-and-offices/lords/retired-lords/ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/05 23:12
1642年8月22日、チャールズ1世が議会派に対して挙兵
1642年8月22日、イングランド王(兼スコットランド王兼アイルランド王)チャールズ1世がノッティンガムで自らの旗を掲げ議会派に対して宣戦しました。既に国王と議会派の間に衝突が起こっていたとはいえ、チャールズの挙兵は、イングランド内戦の始まりを告げる出来事といってよいでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/24 01:22
1743年8月5日 ジョン・ハーヴェイ(ハーヴェイ卿)没
1743年8月5日、イギリスの宮廷人で、ジョージ2世の宮廷のありさまを伝える回顧録を残したジョン・ハーヴェイ(John Hervey, 2nd Baron Hervey of Ickworth, 1696-1743)が死去しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/05 21:28
1714年8月1日 ジョージ1世イギリス王即位
今から304年前(1714年)の8月1日、ステュアート朝の最後の君主アン女王が死去しました。そのため、王位継承法(1701年)の規定により、ハノーファ(神聖ローマ帝国の領邦)選帝侯ゲオルクがジョージ1世としてイギリス王に即位し、ハノーヴァ朝が始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 21:57
ロックハート城 群馬に移築されたイギリスの邸宅
群馬県吾妻郡高山村に、19世紀に建てられたイギリス(スコットランド)の邸宅を移築したロックハート城があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/31 12:48
イギリス議会下院の投票でのペアリング(pairing)をめぐる騒動
イギリス議会下院の投票でのペアリング(pairing)をめぐる騒動 ペアリング(pairing)をめぐる騒動が、イギリスで起こっています。ペアリングとは、病気・育児休業・在外といった事情により採決で投票できない議員と対立する立場の議員が共に欠席することを取り決める、イギリス議会下院の慣習です。ペアリングは非公式の取り決めで、下院によって承認されているわけではありませんが、院内幹事(whip)に届け出なければなりません。これによって、採決結果に影響が及ばずにすむわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/22 19:32
1872年7月18日、イギリスで秘密投票法(Ballot Act)成立
1872年7月18日、秘密投票法がイギリスで成立しました。下院議員選挙や地方選挙の際に、有権者は自分が誰に投票したか明らかにしないで(私的に)投票できるようになったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/19 06:46
イギリス議会の黒杖官に女性が初めて就任
「英議会、「黒杖官」に初の女性=650年の歴史で」と題された時事通信の記事です。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022100689&g=int (時事通信ウェブページ、2018年2月21日14:07付) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 05:40
ジョージ2世の生年月日はいつなのか―17世紀から18世紀ヨーロッパでの新暦・旧暦の換算
ジョージ2世の生年月日はいつなのか―17世紀から18世紀ヨーロッパでの新暦・旧暦の換算 2017年11月29日に大幅に文章内容を変更しています。ご注意ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 09:54
ハノーヴァ朝300年の展示 in イギリス
ハノーファと同君連合の関係にあったイギリスでは、同君連合300年を記念する企画は、私の知る範囲では行われていません。ですが、ハノーヴァ朝(1714年〜1901年)が始まって300年ということで、宮殿3か所で展示やイベントが行われています(2014年4月17日〜11月30日まで)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/02 14:40
イギリスとハノーファの同君連合成立300年展示(in ハノーファ)
先月、生まれて初めてドイツ北部の都市ハノーファ(Hannover)を訪問しました(10月1日夜〜7日昼)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/02 14:19
西洋史学会でのポスター発表
2014年5月31日と6月1日に開催された第64回日本西洋史学会大会で、ポスター発表をしました。ポスター発表は、見聞きするのも、自分が発表するのも初めてで、良い経験ができました。発表を終えて少したって冷静に(?)振り返ることができ、そして、記憶がまだ鮮明な今、覚書(感想も含む)を書いておきます。以下は、ポスター発表の概要、大会2日目(ポスターセッション当日)の私の動き・感想、ポスター発表についてその他の感想、といった流れになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/11 08:00
バリー・リンドン(映画) 感想
 スタンリー・キューブリック監督(Stanley Kubrick、1928生-1999没)の映画「バリー・リンドン」(Barry Lyndon、1975年製作)を見ました。18世紀後半のヨーロッパを舞台に、主人公バリーの流浪と変転きわまりない人生を描いた3時間ほどの大作です。彼の監督作の中ではあまり知られていないようですが、とても面白かった!じつは、これを見たきっかけは、ひょんなことでして、はずかしながら、キューブリック監督の映画を見たのは、これが初体験です。18世紀イギリスで活躍した作曲家ヘン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/08 21:45

月別リンク

歴史・イギリス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる